MENU
パパ活アプリおすすめランキング2024

シュガーダディで本人確認・年齢確認や再登録ができない?複数アカウントを使いたい??

PR:このコンテンツには広告を含む場合があります

人気パパ活アプリのシュガーダディですが、本人確認・年齢確認ができない!と言う口コミも多く、理由がわからずに困っている方もいると思います。

シュガダで本人確認ができない理由は、提出する書類に不備があることが主な原因です。

もしかしたら、提出方法や身分証明書が間違っているかもしれませんので、この記事でもう一度やり方を確認してみてください。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

シュガーダディで本人確認・年齢確認はなぜ必要?

シュガーダディは男性の場合、クレジットカード決済を選択すれば18歳以上であることが証明されるため、身分証明書を提出せずに利用を開始することができます。

女性の場合や、男性でも銀行振込、ビットキャッシュを選択した場合は、身分証明書を提出し本人確認する必要があります。

まずは、シュガダでどうして本人確認が必要なのか、また身分証明書を提出しても安全なのかを見ていきましょう。

シュガダで本人確認が必要な理由と非承認の口コミが多いのか

シュガーダディは、インターネット異性事業届出をし健全な運営をしているため、18歳未満の男女は利用できなくなっています。

18歳未満の児童は入会できない、業者を排除し安全な出会いを提供するためには、会員の本人確認は重要になりますね。

そのため、シュガダでは本人確認・年齢確認を徹底しています。

「本人確認ができない」という口コミをよく見かけるのは、運営がしっかりと身分証明書を確認している証拠とも言えます。

シュガダディは本人確認で安全性を確保している

シュガーダディ
運営会社シナプスコンサルティング株式会社
住所〒060-0042 札幌市中央区大通西17丁目1-14 旭堂第2ビル2F
TEL011-676-8388
設立2012年8月1日
資本金3,000万円
資格インターネット異性紹介事業届出 認定番号 30150024001
総務省 第二電気通信事業 届出番号 J-29-631
商標登録 SugarDaddy/ シュガーダディ 第 5767787 号
シュガーダディ概要

シュガダに身分証明書を提出しても大丈夫なのか、不安かもしれませんね。

シュガーダディの公式サイトには、会社情報が明確に記載されており、インターネット異性事業届出番号、第二電気通信事業届出番号等も明記されています。

セキュリティ的にもSSLによる通信の暗号化を始め、有人、自動システムによる監視と徹底されています。

また、本人確認で承認された場合は、24時間以内にサーバー上から画像が削除されるため、情報漏洩、不正利用されることはまずないでしょう。

男性はクレジットカード決済で年齢確認はできる

先ほどもご紹介しましたが、男性の場合はクレジットカード決済で年齢確認ができますので、そのまま利用することが可能です。

と言うのも、18歳未満だとクレジットカードの発行ができないため、所有者は18歳以上と言うことになるからなんですね。

ただ、本人確認は済んでいませんので、プロフィールに「本人証明」済のアイコンが付いていません。

女性側から見ると、本人確認していないことが一目瞭然ですので、メッセージを送っていいのかどうか不安に思う女性も少なくありません。

信頼度アップして、女性からのアプローチを増やしたいなら、少し手間ではありますが本人確認を済ませた方がいいでしょう。

シュガーダディで本人確認できない理由

では、シュガーダディで身分証明書を提出したのに本人確認が通らなかった、非承認になってしまった原因を見ていきましょう。

以下にご紹介する理由が主な原因ですので、不備がなかったかどうか確認してみてください。

本人確認に利用できない身分証明書を使った

シュガダの本人確認で受け付けている身分証明書
  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 自衛官診療証
  • 公の機関が発行した資格証明書(場合による)

シュガダの本人確認では、上記の1点が必要になります。

証明書の「名前」「証明発行元」「生年月日」の3つの項目が見えている必要があります。

保険証を提出する場合は、保険者番号/被保険者等記号/番号/枝番/QRコードを「直接」隠したもので、画像加工・透けているものは不可となっています。

上記の物でも、身分証の有効期限が切れているものは承認されません。

これ以外の証明証を利用した場合は、本人確認ができません。

  • 社員証
  • 学生証
  • マイナンバー通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 仮免許証 など

間違って、これらの証明証を提出していないか確認してみてください。

提出した身分証明書の写りが悪く非承認になった

利用できる身分証明書を送っても、写真自体に不備があると非承認になることがありますので、以下の点をチェックしてみてください。

  • 写真がぼやけている
  • 見切れている
  • 必要な部分が隠されている
  • 画像解像度が低い
  • 影や光が入っている
  • 画像が小さい
  • 写真が暗い

このように、証明証自体が見えづらい、良く確認できないものはNGになります。

また、ファイルサイズと形式は、「13MB以内のJPG/GIF/PNG形式となっています。

スマホで撮影した写真だと問題はないと思いますが、設定が変わっているかもしれませんので撮影した写真のファイル形式とサイズも確認してみましょう。

これ以外の形式だと、アップロードに失敗している可能性があります。

年齢確認で通らなかった写真を再度利用した

一度非承認になってはじかれた写真は、再度提出しても審査には通りません。

少し手間かもしれませんが、もう一度撮影して新しい写真を提出してみてください。

同じ写真を送り続けていても通りませんので、非認証になった物を間違えて送らないようにスマホから削除しておきましょう。

生年月日を間違えて登録してしまった

シュガーダディに登録する際、先に生年月日を入力しますが、間違って登録してしまった場合は身分証明書と異なるため承認されません。

自分のプロフィールの生年月日が正しいかどうか、確認してみましょう。

性別・ニックネーム・生年月日は後から変更することはできません。

ですので、もし間違って登録していたなら、一度退会手続きをしなければなりません。

同じ電話番号を使う場合は、退会後7日間は再登録できませんので、間違っていたなら早めに退会手続きをしてください。

プロフィールを完成していたとしてもデータは消えてしまいますが、生年月日が間違っていると絶対に承認されませんのでもう一度やり直しましょう。

過去に強制退会になったことがある

以前シュガダを利用していて強制退会になった場合は、電話番号を変えていても本人確認ではじかれることがあります。

この場合の再登録は難しいですので、証明書、写真に不備がなかった場合は諦めるしかありません。

他のパパ活アプリの利用を検討してください。

シュガーダディの本人証明方法を再度確認

では、シュガーダディで本人証明する手順をもう一度確認してみましょう。

  1. マイページの「本人証明」をタップ
  2. 証明写真を選択してアップロード
  3. 認証通知が届くと本人証明完了

この手順で本人確認を行っていきます。

シュガダマイページより「本人証明」をタップ

シュガーダディにログインし、マイページの写真右下にある「本人証明」をタップします。

ファイルで公的身分証明書を選択してアップロードする

「証明写真を選択」をタップし、身分証明書を撮影した写真をアップロードします。

この時に「名前」「証明発行元」「生年月日」がはっきりと写っていることを確認してください。

本人確認にかかる時間は長くても1日程度

本人確認が終わると、シュガーダディより承認完了通知が届きます。

通常は1時間~2時間程度で本人確認が終わりますが、混雑状況によってまれに数日かかることもあるようです。

非承認の場合は、ご紹介した項目をチェックしてやり直してみてください。

どうしてもシュガダで本人確認・年齢確認ができない時の対処法

シュガーダディで何度やっても本人確認・年齢確認ができない場合は、以下の方法をもう一度試してみてください。

正しい方法で本人確認しているか再チェックする

チェックポイント
  • 本人確認で提出可能な証明書である
  • 有効期限は切れていない
  • 必要な部分がはっきり写っている
  • 鮮明な写真である
  • ファイルの大きさ・形式が正しい
  • 一度非承認になった写真ではない

提出する身分証明書に不備がないか、写真がはっきり写っているかを確認してください。

背景の問題かもしれませんので、証明書の下に白い紙を敷いて撮影しなおしてみるのもいいと思います。

一度非承認になった写真は使えませんので、再度撮影してください。

プロフィールを見直してみる

チェックポイント
  • 登録した生年月日と証明書の生年月日が同一である
  • いたずらと感じられるプロフィールでない

ニックネームやプロフィールが、いたずら目的、悪意を感じられるもの、規約違反しているものだと本人確認が通らないことがあります。

プロフィールが承認されていない場合もチェックが必要ですね。

どうしても通らない時は、プロフィール写真を登録し、顔写真付きの証明書を提出してみるといいでしょう。

同一人物であることが確認できれば、審査に通る可能性があります。

身分証明書を変えてみる

私も免許証でダメでした。パスポートでやったら一発で行けましたよ。

私は保険証でやってたんですけど、5、6回弾かれて、マイナンバーカードに変えたら1発で通りました!

証明書を変えると一発で通ったという口コミもあります。

写り方にも問題があったかもしれませんが、提出する身分証明書を変えてみるのも方法です。

時間を置いてもう一度試してみる

サイトがメンテナンス中であったり、ネット環境が悪い場合はアップロード自体ができていない可能性もあります。

私も以前色々試してみてもダメなった時があったんですけど次の日システムエラーの報告来てました!その後に再度登録したらいけました

また、1日待ってみて何も連絡がない場合は、アップロードに失敗しているかもしれません。

時間を置いて再度試してみるか、ネット環境を確認してみてください。

時間を空けて再登録しなおす

何度やっても審査に通らない場合は、一度退会して再登録してみましょう。

再登録までに7日間は必要ですが、以前強制退会になっていない限り再登録は可能です。

何らかの理由ではじかれている可能性がありますので、ニックネームを変えプロフィール文を入力する前に本人確認をしてみてください。

シュガーダディーは複数アカウントの登録はダメなのか?

パパ活をしていると同じようなキャラクターで複数アカウントを使うと「どこでもパパ活をしている人だ」「常連だ・・」なんて思われてしまうので複数アカウントを使いたいっていう願望もあると思います。

ただ、これを許すと業者やサクラが大量にメールアドレスで入り込み、マルチの勧誘やら風俗の客引きをするようになってしまいますよね?

だから1つの電話番号で複数アカウントを持つことはできません。

退会後にしばらくする別アカウントの作成は可能

ただ、違反を犯して強制退会になっていない場合は同じ電話番号やメールアドレスで再度アカウントを作り直すことは可能です。

シュガダは良いパパさんが割と見つかりやすく、定期パパができたのでパパに不安な思いをさせないように一時退会する子は多いです。

男性も同時に付き合うと言っても3~4名ぐらいを回すのが限界だと思うので、しばらくアカウントを削除して後で登録しようと思う人もいるはずです。

再登録の場合はニックネームや年収を変更しても大丈夫

一度持っていたアカウントとは違うメールアドレスで登録することは可能であり、その時に新しいニックネームや年収・自己紹介などを作り直すことは問題はありません。

役員から独立して経営者になる方や、学生ではなくなって社会人として登録しなおしたいって言う子は7日間をあけてから登録してください。

シュガーダディーで電話番号を2つ使って複数アカウントは作れるのか?

秘匿性を守るためにスマホの2台持ちっていうのはありますよね?電話番号が違えば原理的に複数アカウントを持つことは可能です。

男性はクレジットカードで登録するために身分証も重なりません。ただ、シュガダは安全面とクオリティーにかなり気を使ったハイブランドのパパ活専用アプリの為、アプリを悪用するためになりすまし行為を働くと高確率で発見されてログインができなくなってしまいます。

もし、過去にストーカー被害にあったとか、会社にバレないように別の電話番号で再登録したいという場合は運営局にメッセージを送るとその時の規約に合わせてスタッフが答えてくれますよ?

まとめ

シュガーダディで本人確認・年齢確認ができない!と言う口コミは、割と多く見かけます。

何が原因なのかわからない!何度やっても通らない!

と困っているなら、もう一度証明書、写真に不備がないか見直してみてください。

審査が厳しいと言うことは、きちんと審査をしている証拠ですので、安心して利用できる目安にもなりますね。

本人確認ができず何度もやり直しているとイライラしてしまいますが、不備がなければ通りますので諦めずにチャレンジしてくださいね。

コメント

コメントする

目次