パパ活アプリおすすめランキング2023

パパ活の自己紹介で男性がモテるために書くべき内容と例文を教えます。

PR:このコンテンツには広告を含む場合があります

パパ活アプリでマッチング率を上げて理想の女性に出会うためには、自己紹介をしっかりと作り込んでおくことが大切です。

男性がパパ活アプリの自己紹介で、自分の魅力を伝えるにはどうしたらいいのか?どのような内容で書けばいいのかをポイントを抑えながら例文を交えてご紹介します。

素敵な女性とパパ活をしたい男性必見です!

パパ活アプリの女性の自己紹介文はコチラです。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

男性にとってパパ活アプリの自己紹介がなぜ重要なのか?

パパ活アプリを利用していると、簡潔すぎる自己紹介文や、お付き合いのNG条件ばかりを並べたプロフィールを見ることがあると思います。

そのような相手に「いいね」やメッセージを送るのは、中々難しいことではないでしょうか?

まだ会ったこともない相手が、自分のことをどう評価してアプローチしてくれるかを考えることが、パパ活アプリの自己紹介では大切です。

男性は自己紹介でパパ活女子に安心感を与えることができる

パパ活女子は、男性のプロフィールに記載されている年収を見て、パパとしてお付き合いしてくれるかどうかまずは判断します。

ただ、会うとなると年収だけが判断材料になるわけではありません。

プロフィール文章でお付き合いしづらい男性だと感じた場合は、アプローチすることを躊躇してしまいます。

  • お手当が貰えるのか
  • 危険な男性ではないか
  • 業者やスカウト、詐欺ではないか
  • 女性に対して上から目線ではないか
  • 恋人・結婚相手探しではないか

パパ活女子と言えども一般の女性ですので、お手当がいただけるならどんな男性でもいいわけではなく、男性と二人きりで会うことに警戒している女性は多いのです。

男性がパパ活アプリのプロフィールをしっかりと記載することは、会っても危険ではなくパパ活目的であることを女性に伝える手段になります。

パパ活で理想の女性に出会うスピードがアップする

パパ活アプリは女性会員が多く、男性は登録しただけでも女性からアプローチをかけられることが一般的です。

ただやはり、先ほどもお伝えしたように、プロフィールがスカスカであったり自己紹介文が一言だと、女性はどのようにアプローチしていいのかわかりません。

逆に、男性から会いたい女性にアプローチした場合も、プロフィールを見ていいねを返すかどうか女性は判断しますよね?

もし、プロフィールを見て地雷だと判断されたなら、マッチングすることは難しくなってしまうでしょう。

自己紹介を丁寧に書いている男性だと女性から好感を得られ、女性からのアプローチは確実に多くなります。

【男性向け】パパ活アプリの自己紹介文の書き方と4つのコツ

ではまずは、男性がパパ活アプリの自己紹介文では何を書いたらいいのか、盛り込んでおきたい内容からご紹介します。

  1. 年収・職業でアピールする
  2. どんな女性を探しているかしたいデートを具体的に書く
  3. 趣味などで話題を作りやすくする
  4. パパ活女子が安心するワードを入れる

女性からのアプローチを増やす、マッチング率を上げるためには女性に安心感を与えることが大切です。

まずはパパ活女子が興味を持っているポイント、話しかけやすい内容であることを意識されるといいでしょう。

1.年収・職業でパパ活相手として最適であることをアピール

先ほどもご紹介したように、パパ活女子はパパ活ができる相手かどうかをまずは確認します。

年収と職業がその目安になりますので、年収証明の提出が可能な方は済ませておくと女性からのアプローチが確実に増えます。

年収が多ければ多いほどいいわけではなく、嘘がないことを証明することで女性に安心感を与えることができるのがメリットです。

パパ活アプリでは職業を選択できるものもありますが、自己紹介文でお仕事について触れておくと信頼度がアップします。

2.どんな女性を探しているかを具体的に書く

具体的な例文
  • 平日の19時以降に、一緒にお食事ができる方を探しています。
  • 〇〇近郊で会える方だと都合が付きやすいです。
  • ワインが好きなので、お酒が飲めて会話を楽しめる方だといいですね。

どんな女性か具体的にと言っても、容姿に関することはできるだけ書かない方が好印象になります。

時間帯や場所など、デートをする条件について具体的に書いておくとある程度候補を絞ることができますし、女性の反応を見ることができます。

3.趣味を入れて話題を提供する

普段していることや趣味の話に触れておくと、女性がメッセージを送りやすくなります。

自己紹介文に書いておくのもいいですし、プロフィール写真に入れておくのもいいですね。

趣味がわかると相手のことがイメージしやすくなるのでアプローチにもなりますし、共通の趣味を持っている女性も見つけやすくなります。

4.パパ活女子が好むパワーワードを入れておく

男性が盛り込みたいパワーワード
  • 長期的な関係
  • 定期的に会える方
  • 一人の方と
  • まずはお茶から

定期契約を想像させるキーワードとして、「長期的・一人の方・定期的に」などの言葉があります。

パパ活女子は安定して会える男性を探していますので、このような言葉がパワーワードになります。

ただ、定期募集や定期希望など直接的に書いてしまうと、逆に警戒されてしまう場合がありますので気を付けてください。

「まずはお茶から」「お食事から」でフィーリングを確かめ、条件が合えばお付き合いが可能であること、顔合わせは必ず入れることを伝え安心感を与えることができます。

パパ活アプリの自己紹介で男性がやりがち!気を付けたい5つのポイント

男性が、パパ活アプリの自己紹介文で気を付けたいポイントを5つにまとめました。

以下のような内容を避ければ、プロフィールで地雷扱いされずにスムーズにメッセージのやり取りまで進みますので参考にされてください。

1.オヤジ構文に注意!読みやすい文章を心がける

読みやすいプロフィール
  • 情報量は多めで簡潔に
  • 400文字前後
  • 改行、句読点を使う
  • 実際に読んでみる

読みやすく、相手が読むときに負担にならない文章を心がけるといいでしょう。

逆に読みにくく、相手に不信感を与えてしまう文章はこのような物です。

読みにくいプロフィール
  • 改行、句読点がない文章
  • 箇条書き
  • 意味の分からない絵文字を多用する
  • 短すぎ・長すぎ

男性にありがちなのは、箇条書きでお付き合いしたい女性の条件を書いている自己紹介文です。

多くの女性は細かく女性の条件を書いている男性を敬遠しますので、希望であっても書かない方が女性からのアプローチは増えます。

自分に自信があるとしても、5行以内の短い文章は地雷扱いされる可能性がありますので、あまり簡潔になり過ぎないようにアピールされてください。

ありがちなオヤジ構文

  • テンション高め
  • カタカナを使いがち
  • 文中に絵文字を多く使う
  • 聞かれてもないのに近況報告する
  • 句読点が多すぎる
  • 一度に送る文章が長すぎる
  • 若者言葉を無理やり使う
  • 返信がないのに連投する
  • 改行が多すぎる

気を付けたいのが、オヤジ構文と言われるおじさん世代が使う独特な表現や文章のことです。

女性を口説きたい時にオジサンが良く使う文章ですので、女性から見るとちょっとキモイと思われがちです。

プロフィールもビジネスで使っている文章を軽くした感じで、あまり馴れ馴れしく書かない方がいいかもしれませんね。

2.女性に対するNG条件などネガティブな発言は避ける

男性のプロフィールでNGなネガティブ発言
  • 〇〇お断り・NG
  • 〇〇は即ブロック
  • 〇〇は苦手です
  • 食事する相手には困っていません
  • お手当は考えていません
  • 前の彼女は~

理想の女性と効率的に出会いたい気持ちはわかります。

条件に合ったお相手とパパ活をしたいのは山々ですが、NG条件などネガティブな発言は相手に冷たくお付き合いしづらい印象を与えてしまいます。

プロフィールに書くよりは、メッセージのやり取りで少し仲良くなってから自分の考えを伝えた方がいいでしょう。

希望を伝えるなら、〇〇NGよりも好みのタイプを書いておく方がいいですね。

以前お付き合いしていたお相手のことを書くのもマナー違反です。

特に男性は、20代の女性とお付き合いしたことがあるので若い女性とのお付き合いは慣れているようなアピールをしがちですが、女性に煙たがられますので注意されてください。

茶飯お断り、食事する相手に困ってないと書いてしまうと、体目的であることが明確になりますので、逆にセミプロ女性しか寄ってこないことになりかねません。

「お手当あげません」では、パパ活アプリでは女性からのアプローチはないと思っておいた方がいいでしょう。

3.馴れ馴れしいため口は使わずに丁寧な言葉遣いで書く

プロフィール文章の基本
  • 冒頭にあいさつを入れる
  • 敬語を使う
  • 若者言葉は使わない
  • パパ活用語は使わない

自己紹介文の冒頭には、「はじめまして」「こんにちは」など挨拶を入れた方が印象がいいですね。

また、「よろしくお願いします」「メッセージお待ちしています」などで締めるといいでしょう。

女性の場合はタメ語でプロフィールを書く方はいないと思いますが、男性のプロフィールではたまにお見掛けするときがあります。

親近感を出すため、女性が年下のためと思われているかもしれませんが、自己紹介文、メッセージのやり取りでフランク過ぎると女性から敬遠されます。

4.パパ活女子が知りたい情報を掲載する

男性のプロフィールでのアピールポイント
  • 仕事・経済力
  • パパ活をする理由
  • 普段していること・趣味
  • どんなデートがしたいか
  • 相手に求める条件

男性は女性よりは簡潔に、嘘がなく安心してお付き合いができる相手であることをアプローチすれば問題はありません。

女性に安心感を与えるためには、仕事内容と経済力に触れておいた方がいいですね。

ただ、自慢にはならないように、さらっと仕事内容に触れておく程度にした方がいいでしょう。

女性がメッセージを送りやすいように、普段していることや趣味について書いてあげてください。

逆に、趣味や好きな物をプロフィールに記載しているのに、全く触れて来ない女性はあまりプロフィールを読まずに手当たり次第に定型文を送っていると考えるといいですよ。

どんなデートがしたいか、相手に求める条件は、先ほどもお伝えしたようにNG条件にならないように注意されてください。

5.職業の嘘や年収の盛り過ぎ・年齢のサバ読みはしない

パパ活では個人情報に繋がることは明かさないのが普通です。

ですが、職業自体を偽ったり、年収を盛り過ぎてしまうのはプロフィール詐称に繋がってしまいます。

職業については職種を書く程度にしておくといいと思います。

多くの男性に会っているパパ活女子なら、簡単に職業や年収の嘘は見抜いてしまいます。

また、年齢をかなりサバ読みしている男性もお見掛けしますが、パパ活は男性の年齢については選ぶ基準にならないケースが多いです。

20代、30代前半の男性の方が敬遠される傾向にありますので、サバ読みしなくても大丈夫ですよ。

サバ読みし過ぎて会ったときにがっかりされる方がマイナスです。

コピペOK!男性用パパ活アプリの自己紹介例文

実際に男性がどのようなプロフィール文を書けばいいのか、例文を交えてご紹介します。

コピペも可能ですが、できるだけオリジナル感を出した方がウケはいいと思いますので、アレンジして利用されてください。

爽やか系(30代~40代前半):パパ活アプリの男性プロフィール例文

はじめまして。
港区で会社経営をしている〇〇と申します。

普段一人で食事をすることが多く、素敵な女性とお食事できたらと思い切って登録してみました。
好き嫌いはないのですが、最近魚を食べることの方が多くなっている気がします。

仕事以外では、ジムに通っていて週末はゴルフをして過ごしています。
食べ歩きも好きなので、美味しいお店は知っている方だと思いますよ。

平日なら20時以降だと都合が付きやすいです。
いつもは〇〇あたりで食事をしていますが、遠いようなら合わせますよ!

あまり器用な方ではないので、一人の方と長くお付き合いできればと考えています。
遅くなっても必ず連絡しますので、気軽に声をかけてください。

日時や希望などあったら伝えてくださいね。
よろしくお願いします!

30代・40代男性におすすめなのは、爽やか系で親近感をアピールしたプロフィールです。

パパ活男性の中では少し若い年代ですので、話しかけやすい雰囲気がポイントになります。

パパ活アプリでは「お手当」や「条件」がNGワードになっている場合もありますので、遠回しにお手当ありをアピールすると女性の食いつきはいいでしょう。

大人の魅力系(40代後半~50代):パパ活アプリの男性プロフィール例文

はじめまして。
都内の商社に勤めている〇〇と申します。

素敵な出会いができればと思い、こちらに登録しました。
食事や飲みにお付き合いしてくれる、落ち着いた女性が見つかれば嬉しいです。
海外経験が長いため、珍しい話をお聞かせできるかもしれません。

特に趣味はないのですが、強いてあげれば写真ですかね。
週末はドライブを兼ねて、風景を撮影したりしています。

平日は20時以降が時間を取りやすいです。
良かったら声をかけてください。

希望があれば理解していますので、お話を聞かせてください。
メッセージ、お待ちしています。

落ち着いた大人の男性をアピールしたいのが40代後半から50代の男性です。

頼りがいがある、人生経験が豊富なところを自慢なしに書いていけばOKです。

少し話しづらい雰囲気かもしれませんが、軽い印象を与えないことも大切です。

経済力アピール系(50代以降):パパ活アプリの男性プロフィール例文

こんにちは。
都内で医療関係の仕事をしている〇〇と言います。

趣味は映画と車、特に古い映画、洋画の方が好きですね。
映画の話になると、ついつい話しすぎてしまうのが悪い癖だと思っています。

食事は落ち着いた感じの店なら、和洋問わずご案内できます。
ワインが好きなのですが、もし飲めなくても一緒に時間を過ごしてくれるだけで問題ありませんよ。

お会いできる曜日や時間はまちまちですので、相談させていただきたいですが、
場所はできれば赤坂あたりだと有難いです。

できれば、長くお付き合いできる方とお会いできればと思っています。
よろしくお願いします。

経済力はほのめかすくらいで丁度いい年代が50代以降です。

車が趣味でも車については多く触れないことで、ほんのりアピールになりますね。

女性に希望を尋ねることで、気遣いができて余裕のある男性であることがアピールできると思います。

男性の場合は絵文字は極力控えた方が印象はいいですね。

自分の希望を伝えつつ、配慮することを意識されると女性ウケはかなり良くなります。

人気パパ活アプリごとの男性の自己紹介のコツ

もちろん、複数のパパ活アプリに登録している女性もいますが、アプリによって登録している女性の層は様々で特徴があります。

その特徴に合わせて、刺さるプロフィールを作ることがマッチング率を上げるポイントです。

複数アプリに登録される際は、プロフィールを変えてみてください。

シュガーダディ:紳士的な大人の男性プロフィールがおすすめ

シュガーダディ
会員数業界最大
形態Web
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層30代・40代中心、70代まで
女性会員の年齢層18歳~29歳までが79%
男女比率男性28%:女性72%
利用料金の詳細プレミアム会員
1ヶ月プラン:8,000円/月
3ヶ月プラン:7,500円/月
6ヶ月プラン:7,000円/月
12ヶ月プラン:6,000円/月
ダイヤモンド会員
1ヶ月プラン:30,000円/月
3ヶ月プラン:25,000円/月
6ヶ月プラン:20,000円/月
12ヶ月プラン:15,000円/月
運営会社会社名:シナプスコンサルティング株式会社
運営サポート24時間365日監視体制

シュガーダディはパパ活アプリの老舗で、最も運営歴が長く知名度も高いため初心者パパ活女子は必ず登録すると言っても大げさではありません。

また、色々な女性層が集り会員数も業界一です。

王道のパパ活をイメージしている女性が多いため、紳士的で落ち着いた大人の男性を意識したプロフィールがおすすめです。

女性のプロフィール写真掲載率は割と低いため、プロフィールやメッセージのやり取りで相手を安心させると写真を送ってくれやすくなります。

Paters(ペイターズ):学生中心なので爽やかなプロフィールがおすすめ

会員数200万人以上
形態アプリ版・Web版
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層30代~50代
女性会員の年齢層20代前半が8割
男女比率男性3:女性7
利用料金の詳細(iOSの場合)1か月:12,000円/月
3か月: 9,933円/月
6か月: 9,133円/月
12か月:7,067円/月
ゴールドプラン
3か月:19,866円/月
6か月:18,266円/月
12か月:14,134円/月
運営会社会社名:株式会社amica
運営サポート24時間365日監視体制

ペイターズは特に20代前半までの学生が多く、マッチングアプリに近い感覚で利用している男性も少なくないです。

ですので、お手当ありであることを匂わせると、確実にいいねが増えますね。

お金お金言うパパ活女子を排除したいなら、パパ活、お手当を匂わせず、メッセージのやり取りで相手の出方を待つのもいいでしょう。

Love &(ラブアン):プロフィールのデート予算の記入は必須

会員数会員数非公開
形態Web
男性の年収証明 あり
男性会員の年齢層35歳~55歳が中心
女性会員の年齢層70%が20代
男女比率男性4:女性6
利用料金の詳細・お試しゴールド会員(NEW)
 3日間:600円
・お試しプラチナ会員(NEW)
 3日間:1,800円
ゴールド会員
1ヶ月プラン:5,980円/月
3ヶ月プラン:4,980円/月
6ヶ月プラン:3,980円/月
プラチナ会員
1ヶ月プラン:17,800円/月
3ヶ月プラン:13,600円/月
6ヶ月プラン:11,800円/月
運営会社会社名:株式会社Blueborn
運営サポート24時間365日監視体制

ラブアンは、動画プロフィールとオンライン顔合わせで人気が出たパパ活アプリです。

動画を載せいている女の子は3割から4割と、他の動画アプリのあるパパ活アプリよりも掲載率高めです。

ラブアンには、男性のプロフィールにデート予算を記載する項目があります。

パパ活女子は必ずここを確認しますので、予算に余裕がある方は記載しておくことをおすすめします。

パパ活アプリのプロフィールには男性も写真が必要なのか?

パパ活アプリではメイン写真、サブ写真とプロフィール写真を登録することが可能です。

プロフィールを印象付けるものですので、好印象を与える写真を掲載されることをおすすめします。

パパ活アプリはプロフィール写真を掲載している男性は少ない

男性の場合はプロフィール写真を載せていない方も多く、顔写真は絶対に必要な物ではありません。

身バレするとマズい社会的地位の高い方、既婚者の方も多数いらっしゃいますので、アプリのアイコンのままにしている方の方が多いです。

写真を全く掲載していないよりは男女ともにマッチングはしやすくなりますが、男性の場合は顔写真なしでも女性からのアプローチがあるためあまり気にする必要はないでしょう。

ただ、アプリアイコンよりも写真を掲載していた方が目立ちますので、女性からのアプローチがイマイチ少ない方は試してみることをおすすめします。

プロフィール写真のポイント
  • 画質がいいもの
  • 自撮りよりは他撮り
  • 趣味に関するもの
  • 自分以外の人が映りこんでいないもの
  • 個人が特定できるものが写り込んでいないもの

では、詳しく見て行きましょう。

男性のプロフィール写真は趣味メインで

プロフィール写真のポイント
  • 顔写真の場合は清潔感を意識する
  • 生活感がない写真(自宅・鏡越しなどはNG)
  • 顔のアップは避ける
  • 趣味がわかるもの

顔写真を掲載される場合は、清潔感があることを意識されてください。

ヒゲや髪の毛が伸びていないか、洋服にはしっかりアイロンがかかっているかなど、清潔感が伝わるものがベストです。

顔写真のアップは女性が敬遠する場合が多いですので、できれば人に撮ってもらった自然な物がいいですね。

顔写真を掲載されない場合は、趣味がわかるものを掲載されるといいでしょう。

旅行先での風景写真などが最適です。

男性がプロフィール写真で避けたいNG写真

男性のNGプロフィール写真
  • 下からのあおり顔写真
  • 半裸・上半身裸
  • ネットの拾い画

男性のプロフィール写真に多いのが、カメラ位置を下にしたローアングルの自撮り写真です。

カメラ目線でのあおり写真は見下しているように見えますし、威圧感もあり老けて見えます。

半裸の写真で筋肉をアピールしても、セックスしたいと思う女性は少ないでしょう。逆に大人の関係希望がはっきりとわかるため、避ける女性が大半かもしれません。

ネットの拾い画は著作権違反でもありますし、調べればすぐにわかるので辞めた方がいいでしょう。

【男性版】パパ活で実際に会う時の自己紹介の仕方

パパ活の顔合わせの流れを少しご紹介しておきます。

男性がリードしてお話するのが基本ですので、どのようなことをお話すればいいのか把握しておくといいと思います。

  1. 相手の呼び方を確認する
  2. パパ活をする目的・理由を確認する
  3. 仕事や趣味に関して話す
  4. お付き合いの仕方・距離感について確認する

パパ活の顔合わせでは、アプリ内で物凄く話が盛り上がって仲良くなっていない限りは、自己紹介が中心になります。

女性をどのように呼べばいいのか再度確認し、自分を何と呼べばいいのか話します。

女性がパパ活をしている目的・理由について尋ね、真面目な女性なのか嘘をついていないか確認しましょう。

自分の仕事について少し明らかにしますが、会社名など具体的な事には最初は触れないで置いた方がいいと思います。

既婚者男性の場合は、連絡して欲しくない時間帯などについても話しておくといいですね。

大人の関係がありか、お手当額、その他の条件などに付いても話し合いましょう。

フィーリング、条件が合えば、次回のデートの約束をしておくとスムーズです。

まとめ

パパ活アプリでマッチング率を上げ出会いを増やすには、自己紹介をしっかりと充実させることが大切です。

逆に言えば適当に書いてしまっていたり、初期設定のままだと女性からのアプローチがない可能性が高いです。

特に男性の場合は、「パパ活目的ではない」「お手当は考えてない」「食事相手に困ってない」など書いてしまうと、女性からのアプローチは限りなく低くなるでしょう。

アプローチがない、マッチングしないなら、自己紹介文やプロフィール写真を変更してみることをおすすめします。

コメント

コメントする

目次