パパ活アプリおすすめランキング2023

レンタル彼女とパパ活の違いは?時給や収入・つらい部分も紹介します!

PR:このコンテンツには広告を含む場合があります

パパ活と良く比較されるのがレンタル彼女ですね。

漫画やメディアでも取り上げられたことで、レンタル彼女自体も人気になり気になっている女性も多いかと思います。

どっちの方が稼げるのか、そもそもパパ活とレンタル彼女の違いは?など、どちらを始めたらいいのか分かるように解説していきますね。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

レンタル彼女とパパ活の基本的な違い

まずは、パパ活とレンタル彼女の内容の違いから見ていきましょう。

基本的な概要の違いはどのような感じなのでしょうか?

レンタル彼女とは

レンタル彼女とは女性の派遣業のようなもので、「レンタル彼女」というサービス名で事業が行えるのは商標登録している「レンタル彼女®PREMIUM」だけになります。

女性がキャストとして事務所に登録し、男性客(彼氏)の依頼によって普通のデートを行うサービスを提供するのがレンタル彼女ですね。

仕事は時間制になっていて、働いた時間に応じて報酬は事務所を通して受け取るのが基本です。

男性からの依頼が入ると事務所から連絡があり、自宅から直接待ち合わせ場所へ向かいます。

デートする前に男性から直接報酬を受け取る場合は、デート後に事務所に寄って報酬を清算するのが基本になっています。

パパ活の内容とは?

レンタル彼女が事務所を通した派遣業なのに対し、パパ活はパパ探し、お手当交渉から回収まで全て自分で行う個人事業のようなものです。

お手当の金額やデートの内容などの条件は、自分で設定して交渉していくのがパパ活ですね。

デートすること自体はレンタル彼女と同様ですが、レンタル彼女よりも自由度が高いデート内容になることが多いです。

パパ活アプリや交際クラブを利用してパパを探していきますが、パパ活アプリは自分から男性にアプローチできるのに対し、交際クラブは男性からの完全オファー制です。

オファー制な部分はレンタル彼女と似ていますよね?

ただ、パパ活は顔合わせで交際をするかどうか決めていきますので、最初からデートをすることが確定しているレンタル彼女とは異なります。

レンタル彼女とパパ活の内容の違い

では、細かくパパ活とレンタル彼女の仕事内容と働き方の違いをご紹介していきます。

似ているようで、かなり違いがあることがわかると思いますよ。

パパ活レンタル彼女
雇用形態フリー事務所に所属
男性の料金デート内容により異なる0.5~1万円/1h 指名料・交通費など別途
報酬お手当制で全て自分の物バックマージンありの時給制
デート場所合意があればどこでも密室・個室は禁止
大人の関係合意があればありボディタッチは基本NG
連絡方法個人的なメッセージのやり取りお店を通したメッセージのやり取り
その他全て自己責任による個人的に会った場合は罰則あり

一目見ただけでも、かなりの違いが判りますね?

パパ活は全て自分で行う必要がありますが、レンタル彼女は事務所が管理を行いデートのみを提供するお仕事になります。

パパ活とレンタル彼女のデート内容の違い

パパ活は、お茶・お食事から大人の関係まで、普通の恋人と同じような交際内容になり、お互いの合意があればどんな内容のデートもできる自由度が高いものになります。

レンタル彼女はマニュアルがあり、それに従って男性に対応していく感じになります。

基本的に個室や密室はNGで、ボディタッチも手繋ぎや腕組みまでならOKな事務所がありますが、それ以外の行為はNGになります。

男性が希望する健全デートを、時間内にこなしていくのがレンタル彼女ですね。

性的なサービスがなく、セクハラ行為をした場合にはサービスが中止されることもあります。

パパ活は男性がお話をリードしてくれることが多く、女性に対しても行きたい場所や食べたいものに配慮してくれますが、レンタル彼女は女性側がリードしてお話を進めることが多いです。

レンタル彼女とパパ活の男性の違い

パパ活男性は社会的地位が高い富裕層がメインで、遊び慣れている男性も多いという特徴があります。

お金を介したドライなお付き合いを求めている独身主義者や既婚者男性が中心ですが、恋人探し目的や援助交際目的の男性も見かけます。

レンタル彼女のユーザーは、女性とあまり接する機会がない男性がメインになり、一般サラリーマンや既婚者男性、年配の方まで割と幅広くなっています。

モテたことがない男性が中心層なため、デートの仕方から会話まで女性側がリードする形が多いんですね。

他には、彼女と別れたばかりで寂しさを紛らわせたい、デートの予行練習、男性一人で行けない場所に一緒に行って欲しいなどの要望があるようです。

パパ活女子とレンタル彼女のスペックの違い

レンタル彼女の場合は、普通が求められます。

そのため、美人でなくても面接に合格する可能性が高いです。

派手なギャル系、水商売系は敬遠されるためあくまでも普通な感じが合格ポイントになります。

一般常識や礼儀作法、会話力や明るさが重視され、普通の彼女と言う印象が持てる女性が多く在籍しているんです。

一方パパ活女子は、容姿が優れている方がお手当額が高くなります。

お食事のみパパ活がしやすいのも、見た目がいい美人やかわいい女性なんですね。

もちろん、男性を楽しませることが基本になりますので、会話力やホスピタリティ精神のある女性がパパ活では成功していきます。

パパ活とレンタル彼女どちらが稼げるのか?

気になるのは、パパ活とレンタル彼女ではどちらが稼げるのかと言うことですよね?

パパ活は、男性から現金で直接お手当をもらい、そのすべてが自分の取り分になります。

レンタル彼女は、男性が支払った料金から50%程度バックマージンが引かれたものが時給になっていきます。

パパ活は時給制ではないのですが、比較しやすいように拘束時間と相場で計算してみました。

レンタル彼女の時給は2,000円~3,000円が目安

レンタル彼女の平均時給は2,000円~3,000円で、低めの時給からスタートになります。

お店の中でも売れっ子でトップクラスになれば、6,000円くらいになることもありますが地道に時給を上げていくしかありません。

1回のデートは2時間からを設定している店舗が多く、オプションありだと日給にプラスされていくのが基本です。

出張費、指名料がプラスされ、1回のデートで10,000円前後貰えるケースが多いようです。

仕事時間としては2時間から7時間が目安になり、仕事時間が長ければ長いほど貰える額が増えるわけですね。

例えば

【時給】2,500円x2時間+【出張費】2,000円+【指名料】1,000円=8,000円

最低デート時間2時間で指名があった場合は、1回のデートでこのくらい稼げることになります。

セクハラ行為NGで女性が稼げるバイトとしては、かなり高額ですよね?

パパ活のデート別お手当相場と拘束時間

相場と拘束時間時給換算
顔合わせ5,000円~1万円(30分~1時間)時給5,000円~20,000円
お茶・食事1万円~3万円(2時間~3時間)時給3,300円~15,000円
大人の関係なしデート1万円~5万円(2時間~3時間)時給3,300円~25,000円
大人の関係ありデート3万円~10万円(2時間~3時間)時給10,000円~50,000円
旅行デート5万円~10万円(24時間)時給2,000円~4,000円
都内20代・30代女性での平均相場

パパ活のお手当を時給制にしてみると、さらに高額であることがわかります。

拘束時間は男性によっても異なりますので時給を出すのは難しく、あくまでも目安として見ておいた方がいいと思います。

ただ、ナイトワークでも、中々この額を稼ぐのは大変で売れっ子にならない限りは難しいでしょう。

この時給にプラス交通費やプレゼントがいただけるのも、パパ活が稼ぎやすい理由になります。

レンタル彼女と比べても高額ですし、初心者から相場のお手当が貰えるというメリットはありますね。

パパ活と比較したレンタル彼女のメリット

稼げる額としても悪くないレンタル彼女ですが、パパ活と比較してどんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

高時給以外にどんなメリットがあるのでしょうか?

性的関係は一切なく普通のデートで稼げる

レンタル彼女は手繋ぎ、腕組み程度の接触を許可している事務所は多いですが、それ以外の行為は禁止となっています。

個室や密室もNGですので、デート中に危険な目に合うことは少ないと言えますね。

レンタル彼女はデートクラブ業でも風俗業でもありませんので、健全運営するために性的なサービスはNGとなっています。

禁止事項が多いのですが、女性慣れしていない男性がメイン層と言うこともあり、マニュアルに従ってお断りするのもあまり難しくないとは思います。

パパ活も基本的にはお茶やお食事のみですが、デートを重ねると口説いて来る男性は多いです。

それを交わすスキルがあれば、健全デートでも稼ぐことが可能ですが、流されてしまいやすい女性だとお手当もいいですのでつい大人の関係になってしまうこともあるでしょう。

プライベートの連絡先交換はしなくてもOK

レンタル彼女は、お店を通してお付き合いすることで店側に利益が生じますので、プライベートな連絡先交換はNGとなっています。

お店側が用意した公式LINEアプリなどを使って、男性とやり取りするのが基本です。

デート前に男性の要望を確認したり、アフターフォローに利用する感じになります。

パパ活はパパ側のペースに合わせて連絡を取り合うことが多く、連絡の頻度はそれぞれですが、顔合わせをして継続することが決まればプライベートな連絡先交換はマストになります。

時給制で確実にお金が手に入る

レンタル彼女はデートをすれば確実に時給制でお金が手に入ります。

悪質な事務所でない限りは、時給プラスオプション、指名料など契約した通りの金額が稼げるのはメリットですね。

事務所にもよりますが、日払いOKでデート後に入金されるシステムが一般的でしょう。

一方パパ活は、自分で男性から直接お手当を受け取る必要があります。

パパ活アプリ内で条件を決め、現金で受け取ることが基本ですが、中にはお手当詐欺をする男性も紛れ込んでいるんです。

顔合わせはお手当なしにしている男性も増えてきましたし、銀行振込で後払いを約束したのに支払われないということもあります。

自分でお金をしっかりと受け取ることができるかは、パパ活をする上で重要になりますね。

パパ活よりもつらい?レンタル彼女のデメリット

パパ活よりも働きやすいように思えるレンタル彼女ですが、パパ活女子人口は増え続けているのに働いている女性があまり増えていないのが実情です。

それは、もしかしたらレンタル彼女をするデメリットが原因かもしれません。

レンタル彼女は指名が入らないと稼げない

レンタル彼女は、男性客がプロフィールから女性を選び指名するのが基本です。

そのため、指名や事務所からの紹介がなければ稼ぐことができません。

事務所に所属していても、稼げない女性がいるということですね。

女性側から直接アプローチすることができませんので、デートのお誘いを待つしかありません。

ですので、安定した収入が得られない、収入の目途が付きにくいのはデメリットになります。

土日やクリスマスなどのイベントに仕事が集中するケースが多く、指名が入ってもこなせないこともありますね。

また、お店や自分のPRなどを公式サイトやSNSなどを使ってする雑務があります。

これはもちろん無給で行うのですが、指名を取るためにはやらなければならない仕事の一つでしょう。ノルマ制になっている事務所もありますよ。

パパ活は、自分から男性にアプローチをかけられますし、ちょっとお金が足りないと思えばパパにデートを入れてもらえるようにお願いすることも可能です。

レンタル彼女はデートする男性を選べない

稼ぐためには男性の選り好みなんかやってられない。と言うパパ活女子もいますが、月10万程度の稼ぎでいいなら、一緒にいて楽なパパだけとのんびりお付き合いできるのがパパ活です。

富裕層男性が多くハイスペックなパパと出会え、豪華なお食事やプレゼントをもらえることもあります。

生理的に受け付けない、不快な男性は顔合わせでお付き合いをお断りすることもできますので、女性も男性を選べるというのはパパ活のメリットです。

メッセージのやり取りで、嫌だな怪しいなと思う男性を見抜けば、顔合わせで嫌な思いをすることもありません。

一方レンタル彼女は男性を選ぶことが難しいですね。

客層も女性にモテたことがない男性、オタク系が多く、服装や清潔感にも気を使っていないケースがあります。

一緒にいて不快でも、きっちりと仕事をこなす必要があるんです。

嫌いなタイプの男性とも会話を盛り上げ、拘束時間を過ごさなければならないのはプロに徹してもストレスが溜まるものですよね。

また、女性慣れしていない男性にマニュアル通りであっても優しく彼女として接すると、勘違いしてガチ恋されてしまうケースもあるようです。

デート後は後をつけられていないか確認し、住所や本名など個人情報が漏れないように気を付けなければなりません。

顔写真が公開され身バレする

顔写真を公開しないと、レンタル彼女では指名が入りづらくなります。

また、顔出しなしだと時給が引かれる事務所もあります。

公式サイトを見れば、誰でも登録している女性を見ることができますので、顔出しすれば身バレは確実です。

彼氏持ちでレンタル彼女として働きたい場合は、かなり注意が必要でしょう。

5ちゃんねるなどで画像を晒されることもありますし、拾い画として勝手に転用されることもあります。

デジタルタトゥーとして残るため、将来レンタル彼女として働いていたことがバレてしまう可能性も少なくはないですね。

悪質なレンタル彼女の事務所がある

面接の応募時にしっかりと確認して欲しいのが、男性向けの公式サイトです。

女性向けには性的なサービスNGのように健全な印象のサイトであっても、男性向けページには風俗店のように性的な写真などが掲載されているかもしれません。

男性向けと女性向けにサイトを使い分けているレンタル彼女事務所は、風俗寄りサービスを提供するお店の可能性もあります。

知らずに面接に行くと、帰りづらい雰囲気で言いくるめられてしまうかもしれません。

パパ活とレンタル彼女の始め方の違いも紹介!

ここまで見ていただいて、パパ活とレンタル彼女どちらが自分に合っているかわかりましたでしょうか?

最後に、パパ活とレンタル彼女の始め方をご紹介しますので、流れをチェックしてみてくださいね。

パパ活はアプリに登録するだけでOK

パパ活を始めるなら、まずはパパ活アプリでお試ししてみることをおすすめします。

向いていなかったらすぐに辞められますし、本気で稼ぎたいと思えば交際クラブに登録してみるのもいいでしょう。

今回は、パパ活を始めるのにおすすめなパパ活アプリの利用方法をご紹介しておきます。

STEP
パパ活アプリを選び登録する
シュガーダディ
おすすめ度
会員数業界最大
男性利用料金8,000円/月
おすすめ度
会員数150万人以上
男性利用料金12,000円/月
おすすめ度
会員数上昇中
男性利用料金5,000円/月

パパ活アプリは沢山りますが、この3つのアプリのどれかに登録すれば間違いありません。

女性は登録も利用も無料ですので、まずは試しにどのような物か見てみましょう。

STEP
年齢確認をする

パパ活アプリを利用するには、年齢確認をする必要があります。指定された身分証明書を送り、先に済ませてしまってください。
顔写真や名前、住所など必要ない箇所は隠して提出してOKです。

STEP
プロフィールを作成する

魅力的なプロフィールを作っていきます。

顔写真は載せた方が男性からのアプローチは増えますが、身バレがいやな女性は掲載しなくても大丈夫です。

STEP
気になる男性にアプローチする

男性からのアプローチを待つのもいいですが、パパ活は女性会員が多いため気になる男性がいたら積極的にアプローチしていくことをおすすめします。

いいねを送って、男性の反応を待ちましょう。
パパ活では女性から誘うのもアリです。

STEP
メッセージのやり取りをする

メッセージのやり取りをして、顔合わせの日程やお手当の条件を決めていきます。

アプリ内で少し仲良くなってからの方が、安心できますしお手当面も期待できると思いますよ。

STEP
顔合わせ

実際に会ってデートをします。
まずは顔合わせで、今後お付き合いをするのか、するならその条件を決めていきます。

顔合わせでもお手当をもらえるのが基本です。

パパ活アプリに登録すれば、今からでもパパ活できてしまうのは魅力ですね。

レンタル彼女は面接・研修を経てデビュー

STEP
レンタル彼女事務所に応募する

働きたいレンタル彼女事務所の求人募集に応募します。

公式サイトに募集要項があるので、まずは確認。
応募フォームに必要事項を記載して送信します。写真が必要なケースが多いですので用意しておきましょう。

STEP
面接を受ける

写真審査に合格したら、事務所で面接を受けます。

合否は当日発表されることが多く、合格すれば仮登録になります。

STEP
研修や模擬デートをする

面接に合格したらすぐに働けるわけではなく、研修を受けてレンタル彼女の仕事を学んでいきます。
研修の期間は1日から数日と、事務所に寄っても異なるようです。

研修内容を理解し実行できるかどうか、模擬デートで採点されるケースもあります。

STEP
写真登録・SNSアカウントの準備

サイトに掲載する写真撮影をし、SNSアカウントを貰います。

写真・プロフィールが公式サイトに掲載され、ブログやSNSでアピールしていきます。

STEP
事務所から指名報告を受ける

指名があった場合や、フリーの客を回してもらう際は、事務所から連絡が入ります。

日程と内容を確認し、OKならお仕事ゲットです。

STEP
男性とメッセージのやり取りをする

デートのお相手と、デート内容についてメッセージのやり取りをして決めていきます。

相手の要望を聞くことが多いですが、自分でデートをプランニングするケースもあります。

STEP
デートで彼女を演じる

デート当日は彼女になりきり、契約時間は彼女としてお付き合いします。

面接に合格してからも研修があり、指名が入らないと稼げないということもありますが、会話が得意で誰とでも仲良くなれる女性なら向いていると思いますよ。

まとめ

レンタル彼女とパパ活の違い、お分かりいただけましたでしょうか?

どちらも楽しいデートを提供するサービスではありますが、働き方や客層、お金のもらい方は違っていましたね。

また、両者とも女性が稼げるバイトとしては高額ですが、向き不向きはあると思います。

メリット・デメリットを再度確認して、検討してみてくださいね。

コメント

コメントする

目次