パパ活アプリおすすめランキング2024

パパ活多すぎ!増えた理由とパパ活女子に必要な心得をまとめました

PR:このコンテンツには広告を含む場合があります

最近、街を歩いていてもレストランでもよく見かけるのがパパ活カップルです。

パパ活をしている人って多くない?どうしてこんなに増えたの?と疑問に思っているかもしれませんね。

パパ活をしているけどパパ活女子が多すぎて中々パパができない、これから始めたいけど顔合わせは入れられるの?

と不安に思っている女性も少なくないでしょう。

今回は、パパ活が増えた理由と、どうすればいいパパをゲットできるのかを中心にご紹介していきます。

ナイトガーデンのイチオシ

おすすめ1位

SugarDaddy
(シュガーダディ)

paters
(ペイターズ)

Love&
(ラブアン)

目次

パパ活はどのくらいの人がやっている?

最近よく見かけるパパ活、以前よりかなり増えたように感じますが、どのくらいの人に経験があるのでしょうか?

また、パパ活をしたことがあるのはどのような人なのかを調査しました。

パパ活したことある女性の割合

出典 @sumomodane

すももさんの20代女性500人に対するインターネット調査では、パパ活をしたことがあるという方は10%です。

他のアンケート調査でも、パパ活したことがある女性は10%前後ですので、間違いない数字と言ってもいいでしょう。

パパ活女子の中心層は20代女性ということもあり、20代女性の10人に1人はパパ活経験者と言うのも頷けますね。

パパ活したことがある男性の割合

パパ活男性の中心世代は30代後半から50代です。

パパ活アプリや交際クラブの会員数は女性会員よりも少なく、一人の男性が複数の女性とパパ活をしていることが多いです。

以前はごく少数の男性が行っていたパパ活ですが、最近ではパパ活アプリで気軽にパパ活を始める男性も増えました。

男性会員の数から推測すると、パパ活経験がある男性は5%以下と考えていいでしょう。

→ パパ活の割合についてはこちらにまとめました。

パパ活をしている人はどんな人?

女性の場合は20代前半までの学生、社会人が中心になります。

パパ活アプリによっては、8割以上が20代前半までの女性会員が占めているものもあるほどです。

学生と社会人がメインですが、アイドルやモデルの卵や主婦なども少数派で活動しています。

経済的支援を必要とする女性だけでなく、興味本位や友達がしているからという理由で始めるケースも少なくありません。

一方男性は、経営者やオーナー、会社役員、医師など経済的に余裕がある方が多いですが、最近では一般サラリーマンのパパも増えてきました。

20代、30代前半の若いパパも見つけることができます。

パパ活を多く見かける場所

パパ活が増えたなと感じるのはどんな時か?と言うと、自分が訪れた場所でそれらしきカップルを見かけるときですよね。

では、どんな場所で多くパパ活デートを見かけるのか、パパ活で利用することが定番になっている場所をご紹介します。

ホテルのラウンジ

パパ活の顔合わせ場所の定番と言えば、ホテルのラウンジです。

テーブル同士の距離が割とゆったり取ってあり落ち着いて話ができること、高級感があり静かな事などからパパ活で選ばれることが多いです。

パパ活カップルが多くなっているので、逆にあまり目立たないというのもメリットなのかもしれませんね。

もちろんコーヒーチェーン店を利用される方もいますし、流行りの人気カフェで待ち合わせすることもあります。

高級レストランや飲食店

パパ活のお食事デートと言えば、お寿司屋フレンチなど高級レストランや飲食店が想像できますね。

記念日にせっかく予約したのに、隣がパパ活で楽しめなかったという口コミもよく見かけます。

そのくらい、歳の差カップルを見かけると会話が気になって仕方がない人が多いのかもしれません。

ただ、パパ活は高級レストランに絶対に連れて行ってもらえるわけではなく、大衆的な居酒屋やファミレスというパターンもあります。

大きな声で話さない、TPOに合わせた服装をするなどすれば、歳の差カップルでもあまり目立つようなことはありません。

ハイブランドショップ

パパ活のお買い物デートと言えば、ハイブランドショップを想像するのではないでしょうか?

パパ活では誕生日やクリスマスなどの記念日に、ハイブランドをプレゼントしてくれるパパもいます。

ただ、お買い物デートと言っても毎回プレゼントしてくれるわけではありませんし、ハイブランドでないケースも多いです。

仲良くなるまでは誘わない方がいいですし、あまり期待し過ぎないことも大切です。

ハイブランドショップで嫌がらせを受けたというパパ活女子の口コミもありますので、あまり大っぴらにパパ活であることをアピールしない方がいいでしょう。

パパ活人口が増えてパパ不足になっている理由とは?

では、どうしてパパ活をする人が増えてパパ不足の状態が続いているのでしょうか?

以前までは、ある特定の層の間で行われていたパパ活が増えた理由を見ていきましょう。

パパ活が大衆化され認知度が高くなった

パパ活が世間一般に知られるようになったのは、やはりメディアの影響が大きいです。

テレビドラマや漫画の題材になり、多くのメディアで取り上げられるようになったことでかなりメジャーになりました。

バラエティ番組などで取り上げられるパパ活は、楽をして簡単に稼げるイメージを強く与えたことは間違いないでしょう。

収入や生活に不満がある女性が増えた

コロナ以前から、学費の支払いや奨学金返済に困っている女子学生は少なくありませんでしたが、コロナ以降はアルバイトや仕事がなくなった女性も増えました。

給料が安くそれだけでは生活できない女性、仕事がなくなってしまった女性が一気に始めたため、コロナ禍では一気にパパ活女子が増えました。

風俗やキャバクラなどからも女性がパパ活に流れて来たため、男性の扱いに慣れた女性がいいパパをゲットしてしまった時期もありました。

そのような流れがあり、パパ活のお手当相場はかなり変動しましたが、現在は落ち着いているようです。

気軽に始められて自由度が高い

パパ活アプリを利用すれば、18歳以上ならすぐに始められる気軽さもパパ活が増えた要因です。

以前だと交際クラブで面接を受け、審査に通って男性からのオファーを受けない限りはパパ活はできませんでした。

交際クラブのオンライン版としてパパ活アプリシュガーダディが登場し、その後もペイターズやパディ、ラブアンなどのパパ活アプリがリリースされました。

スマホがあればパパが探せること、自分の空いた時間を利用して気軽にパパを探せることでパパ活がより手軽にできるようになったんですね。

食事をしてお金をもらえるわけですからナイトワークと比べてもかなりハードルが低いんです。

風俗に通う男性が流れて来た

最近は、外国人による性病の持ち込みによって、風俗利用する男性が減ってきています。

風俗に通えなくなった男性が、パパ活で大人の関係になれる女性を探していることもパパ活が増えている要因になります。

プロよりも素人女性の方がいい、交渉次第では風俗店よりも安く大人できる女性がいることも原因でしょう。

新大久保などに多い立ちんぼもパパ活と呼ぶようになりましたし、パパ活と言う言葉が買春や援助交際に使われることで範囲が広がったことも大いに関係があります。

パパ活で今後必要とされるものは?

パパ活が増え過ぎて、ライバルが多くなったパパ活女子はどのような対策を取ればいいのでしょうか?

今後パパ活女子に必要なこと、どのような女性にニーズがあるのかを考えていきましょう。

ライバルとの差別化を考える戦略

大勢のパパ活女子と同じことをしていると、いいパパをゲットするのは難しいですね。

例えば、プロフィール文に定型文を使ったり、ひな形をコピペしたようなありがちな文章にしてしまう。

プロフ写真は自撮りのアップでサブ写真を掲載していないなどすると、大勢の中に埋もれたプロフィールになってしまいます。

まずは、相手に関心を持ってもらうことが大切ですので、パパ活アプリのプロフィールは重要なポイントになります。

個性を活かす力

パパ活は、男性と一緒に食事さえすれば稼げるものではなくなっています。

話を聞くだけでは、顔合わせだけで終わってしまうかもしれません。

聞く力はもちろん大切ですが、話を盛り上げる力、自分から話題を提供する情報力、話を掘り下げられる知識などが必要になってきます。

男性の趣味や好みに合わせていくこともいいですが、自分の個性を活かせれば魅力的な女性になれるでしょう。

自分にはどんな特徴があり、何をウリにできるのかを考えてみてください。

一般常識とルール・マナー

パパ活のすそ野が広がり、ルールが守れないマナーが悪い男女も増えました。

パパ活も一般常識は必要ですし、最低限のマナーが備わっていることはとても重要です。

遅刻しない、ドタキャンしない、デート中にスマホをいじらないなど、最低限のことが守れない女性も増えているようですね。

また、食事のマナー、TPOに合わせた服装にも気を使いましょう。

まとめ

パパ活人口が増え、中々いい相手と巡り合えない、顔合わせが上手く入れられないという方も増えてきました。

同じ方法でやっても上手くいかないなら、やり方を変えてみることも必要です。

何度でもチャレンジできることもパパ活の良さですので、プロフィールをもう一度見直して改善していきましょう。

コメント

コメントする

目次