パパ活の定期や都度って何?相場と頻度や期間を徹底解説!

パパ活には定期と都度という方法がありますが、お付き合いする上でどちらの方がお得なのか気になりますよね?

結論から言えば、どんなパパ活をしたいのか、また男女によっても定期と都度のお得感は違ってきます。

では、パパ活の定期と都度では、どんなメリット・デメリットがあり、自分にとってどちらがお得なのかチェックしていってください。

目次

パパ活の定期とは?

パパ活アプリでは「長期的な関係を希望」などとプロフィールに書いていたり、メッセージを送ってくる人がいると思いますがこれは「定期パパ活」と呼ばれるもので1名の人とだけ長く付き合うという意味です。

複数と毎日会うのは大変ですし、大人の関係になった時も性病などのリスクが増えます。大体定期パパは「自分の疑似彼女」のような感じでお手当が通常の2倍~3倍。

アイドルの推し活と一緒で1名が決まると料金が跳ね上がります。お手当もまとめて月の初めや最後に振り込んだり昔の愛人にも近い関係ですね。

大まかに言えば、このような感じです。

パ活で定期になるには?

まずパパ活で定期になるには都度で2~3回会って話し合うことが多いです。初回から定期を希望してプロフィールに書きこむ人もいますが、会ったこともないのに定期契約を結ぼうとする男性は少ないです。

恋人と同じでまずはデートをしてみて付き合うかどうかを決める感じです。パパ活アプリは初回から定期前提で話しかけてくるVIPの男性も多く、女性を囲っておきたいという気持ちがうかがえます。

パパ活の定期は都度と何が違う?

定期パパ活の反対が「都度」パパ活というもので、その場・その場で会って複数と付き合う場合を指します。

男性は初めは複数の女性と会って相性を確かめたいと思いますし、その際の顔合わせや1度目の食事デートで稼ぐことを「都度パパ活」などと呼びます。

都度パパ活は大抵があっても1度か2度きりで関係も数か月で切れます。厳密に両者の差は決まってませんが、本命の彼氏・彼女と遊びの彼女の差のような感じですね。

バレンタインやホワイトデーも義理チョコとお返しに差があるように定期と都度は結構料金に差があります

では詳しい内容をご紹介しながら、それぞれのお得なところを解説していきますね。

パパ活の定期の相場と条件を比較

契約タイプ地域内容お手当の相場
大人の関係なし大人の関係あり
定期都会会う回数 (月)4回~8回4回~8回
お手当10万円~30万円15万円~50万円
地方会う回数 (月)4回~8回4回~8回
お手当5万円~15万円10万円~25万円
都度契約東京・大阪顔合わせ5,000円〜10,000円
食事のみ5,000円〜30,000円
カラオケ・買い物デート20,000円〜50,000円
大人の関係有30,000円〜100,000円
地方顔合わせ3,000円〜10,000円
食事のみ5,000円〜20,000円
カラオケ・買い物デート10,000円〜20,000円
大人の関係有20,000円〜50,000円

パパ活で言う定期と都度を簡単に説明すると、都度はデートの度にお手当が発生する関係、定期は一月単位での契約でお手当もまとめて受け取るケースが多いです。

  • 定期:月単位でのパパ活契約(会う回数・お手当金額・デート内容はあらかじめ決定する)
  • 都度:会う度にお手当が発生(デート内容によって金額が変わる)

このように考えていてください。

パパ活の定期にの料金はいつ払う?

パパ活に慣れている方だとだいたい月の初めにデートする前にまとめて払うケースが多いです。大体給料日が月末なのでその時から計算して初回頂く感じです。

ボーナスとの時とかは臨時振込などをしてくれる太パパもいますが、週の半ばに払うとか週末にまとめてというケースはあまり提案されませんし、女性も喜ばないです。

パパ活定期の先払いは返金トラブルに注意!

パパ活の定期で先払いしてもらう時の注意点は「返金トラブル」です。大抵揉めるのは以下の行為。

  • 連続してのデートのドタキャン
  • 大人を急に断り出す
  • 月の途中で別れを切り出す

とにかく怒られるのが定期パパとの直前ドタキャンです。マイナスが多過ぎて復活不能レベルになるので最適でもその週のうちに合うようにしましょう。

女性は体調も悪くなりますし、整理のため「大人は無理だな・・」ということも多いはずです。その場合は「生理だから3日後にしてほしい」などと言っておきましょう。

今まで大人の関係があったのに、連続して「今回は食事だけで」というと別れますね。反対にパパさんがそのような行為をとりはじめたら、飽きられたということです。

パパ活の定期の相場と合う頻度

都市部での月極契約のお手当相場
  • 大人の関係なし:10万円~30万円(会う回数:月4回~8回)
  • 大人の関係あり:15万円~50万円(会う回数:月4回~8回)
地方での月極契約のお手当相場
  • 大人の関係なし:5万円~15万円(会う回数:月4回~8回)
  • 大人の関係あり:10万円~25万円(会う回数:月4回~8回)

パパ活の定期の関係は、このように男性側が女の子を気に入っていることが条件で、会う回数やお手当額を決めて契約していきます。

パパ活の定期は大人で週1回ぐらい会うのが普通

パパ活の定期はどれくらいの頻度で会うのか?ということですが、多くのアンケート結果をみると週に1回が大半で、後は複数の定期を持っている太パパだと月に1~2回のキープで10万などの契約をもちかけられるとおもいます。

食事だけの関係はかなり稀です。食事パパ活だと月1ぐらいでキャバクラのノリで使っています。

ただ、連絡に関しては毎日とは言わなくても必ず週1~2回は報告をして関係を維持している子が多いです。仕事も忙しい男性だとそんなに会えません。

中には出張定期パパみたいな人がいて、大阪に来た時だけ・旅行に来た時まで恋人のように接するためだけにお手当をくれたりします。やっぱりお金があるところにはありますね

パパ活定期契約の特徴
  • 月に会う回数・お手当額が決まっている
  • 月単位の契約で長期的お付き合いになることが多い
  • 関係性が深いケースが多い
  • お手当の受け渡しは手渡し・銀行振込・送金
  • 複数人と契約することも可能

割と長いお付き合いになるケースが多く、その間に信頼関係が築かれより深いお付き合いになっていきます。

お手当の受け渡しはその都度現金、もしくは月にまとめて一括でやり取りします。

このように割と濃い関係ですが、一人だけではなく複数人と契約することもあります。

パパ活の定期は、男性のパパ活予算であったりお付き合いの内容によってかなり差が出てきます。

また、都市部と地方では2倍以上のお手当の差が出てしまうこともあります。

お手当額と内容、会う回数を考えて、定期がお得なのか都度のまま行くのかを決めていった方がいいですね。

パパ活で定期を作ると収入が安定!

  • パパ活の収入が安定して予算が立てやすい
  • 新規パパを焦って探す必要なくのんびりパパ活できる
  • マンションを借りてもらえることもある
  • 旅行など豪華なデートがある
  • プレゼントがもらえる
  • 困った時に頼りになる
  • 会わなくても振込・送金してくれることがある

定期契約してくれるパパが見つかると、月々のパパ活での収入の目安がたちますね。

そのため、焦って顔合わせを入れて新規を探したり、会えるパパにお願いする必要はなくなります。

安定してパパ活で稼げるようになるのは、女性にとってもかなりお得だと思います。

また、定期になってくれるパパはその女性に対するお気に入り度が高いため、楽しいデートができるように工夫してくれたり豪華なデートができるのはかなりメリットです。

旅行に誘われることもあるでしょうし、誕生日やクリスマスなどイベントでプレゼントをもらえる可能性は高いです。

マンションを借りてくれて住まわせてくれたり、買ってくれる太パパも中にはいますね。

会えなくても生活面を気にしてくれてお手当がもらえること、困った時にお願いできる人がいるというのも心強いでしょう。

パパから大切にされるという安心感がある面では、女性にとって定期契約はかなりお得だと思いますよ。

男性はタイプの子を複数独占きる

  • お気に入りの女の子を独占できる
  • 女性との親密度が上がる
  • 大人の関係に持ち込みやすい
  • 自分が面倒を見ている・育てた感覚が持てる
  • トータルで見るとパパ活予算を安く抑えられる

男性が女性に定期を持ちかけるときは、どうしても逃したくない、自分の物にしたいと思ったときが多いですね。

普通にパパ活デートをするだけでなく、定期になるとより親密度が上がり恋人感がアップします。

信頼関係ができているので、デートの内容もドライブや旅行など普通の恋人のようなことで楽しめるようになります。

まだ大人の関係にないなら、定期契約の際に交渉しやすくなるでしょう。

お手当額によっては、お気に入りの女の子を独占することもできますので、性病などのリスクを減らすことができます。

比較的長いお付き合いになることが多いですので、大学卒業、入社、転職、開業など女性の転機に立ち会うことができるでしょう。

自分が面倒を見た、育てた感覚を持つこともできますね。

定期契約は月にまとまったお金が必要になります。プレゼントも必要経費のうちですね。

ただ、お付き合いが長くなると、お手当を逆に下げてほしい、旅行などのお手当はいらないなどお付き合い自体を重視してくれる女性も出てきます。

新規の女性を見つけるために顔合わせを多く入れたり、口説くために散財することもへりますし、パパ活費用をトータルで見ると安く上がるケースも少なくないですね。

パパ活の都度の相場と稼ぎやすさ

内容東京・大阪地方
顔合わせ5,000円〜10,000円3,000円〜10,000円
食事のみ5,000円~30,000円5,000円〜20,000円
カラオケ・買い物デート20,000円〜50,000円10,000円〜20,000円
大人の関係有30,000円~100,000円20,000円〜50000円

都度の場合は、女性のスペック、男性の経済力、デート内容、パパ活する地域で相場が異なります。

初回顔合わせの場合、お手当なしにする男性も増えましたので、単発パパ活は稼ぎにくくなっています。

定期契約でも、まとまったお手当を渡すのではなく、デート内容に合わせて都度払いにするケースもありますね。

20代30代40代
顔合わせ5,000円〜30,000円5,000円〜20,000円3,000円〜
食事のみ5,000円〜40,000円5,000円〜40,000円5,000円〜
デート10,000円〜20,000円10,000円〜20,000円5,000円〜
大人の関係有30,000円〜100,000円30,000円〜100,000円20,000円〜

パパ活の中心世代20代女性は、やはり高いお手当をもらえる可能性が高く、年齢が上がるごとに少なくなっていきます。

都度の場合は、年齢が高くなるにつれて女性は損かな?とも思いますね。

都度契約の特徴

パパ活都度契約の特徴
  • 特に契約はなく都合に合わせて会う
  • 同じ相手であってもデート内容によってお手当額が変わる
  • 一度きりで終わることもある
  • お手当は現金で受け渡し
  • お別れするときに楽

一方、パパ活の都度は気が向いたときに連絡を取って会う関係で、1回のデートで終わることもあります。

特に約束をする必要はなく、時々回数など気にせず会う感じですね。

デート内容はその都度決め、お手当額はデート内容によって左右されます。

次に会う予定を決めないこともあるため、お手当は現金でデート当日受け渡すことになります。

その間に気に入れば定期になることもありますし、都度のまま一定の距離を置いて続いたり、そのまま自然消滅することも多いですね。

定期契約だと、パパ活関係を解消する際にしっかりと別れを告げる必要がありますし、気持ち的にも負担はあるでしょう。

女性の場合だと、急に収入が減ってしまいます。

都度だとお別れするときにも気楽で、メッセージでパパ活を辞めることを伝えたり、そのままブロックして連絡を取れなくする人もいます。

女性が都度が稼ぎやすい場合

  • 連絡を密に取る必要がない
  • 縛られている感覚がなく気楽
  • スケジュールを合わせる必要がない

パパ活で成功するためには定期パパが必要ですが、もっと気楽に必要な時だけ稼ぎたい女性には都度の方がお得と感じることが多いでしょう。

自分の時間が空いたときに、スケジュールの合う男性を探すだけですから、パパ活でプライベートの時間が減ったり縛られているような感覚はほとんどありません。

男性が都度をお得と感じるとき

  • 気が向いたとき・予算がある時にパパ活できる
  • 色々な女性に会える
  • プレゼントなど女性にかける費用が少なくて済む

男性の場合は、パパ活予算の都合もありますので、定期を抱えるのは負担があるかもしれませんね。

都度だとデートの度に内容に合わせたお手当を渡せばOKなので、財布に余裕がある時にパパ活をすることができます。

定期だと会わないとという義務感が出ることもありますが、定期だと気軽にお付き合いができます。

女性にかける費用、デート費用もおさえて一度きりの関係を楽しみたい場合にもお得感はありますね。

パパ活の定期と都度のデメリットは?

では逆に、定期契約しない方が良かった、都度だとキツイと感じるときはどんな時なのでしょうか?

デメリット側も解説していきます。

パパ活で定期を作るデメリット

定期契約は口約束ではありますが、大人の男女の約束として履行する必要があります。

親密度が高い関係性だけに、トラブルになることや行き違いもでてきます。

女性が定期パパを作るデメリット

  • パパ活と言えども縛られてしまう
  • プライベートな時間が少なくなる
  • 独占欲の強いパパもいる
  • 大人の関係を求められるケースが多い
  • 別れる時に揉める可能性がある

定期パパができると、パパ活で時間を取られることが多くなります。

パパにできるだけスケジュールを合わせる必要も出てきますし、独占欲の強いパパだと他のパパを作るな、パパ活アプリを辞めろなど要求されることもありますね。

定期になるときに、大人の関係を約束することもあるでしょう。

より親密な関係のため、別れる時に揉めてしまうこともあります。

最悪の場合、逆上されてお手当を返せ!パパ活をバラす!と脅迫されたり、ストーカーになってしまう危険性も含んでいますね。

また、一人の定期パパのみだと、パパ活収入が一気にゼロになってしまうリスクもあります。

男性が定期pjを抱えるデメリット

  • 定期一人だけだと飽きる・のめり込んでしまうことも
  • パパ活費用がかかる
  • 忙しく会える日が減ると損
  • 別れる時にトラブルになることも

一人の女性だけに絞ると、どうしても愛着がわきパパ活以上の関係になりたいと思う気持ちも出てきます。

既婚者男性なら確実にアウトですし、独身男性でも相手が受け入れてくれなかった場合のショックは激しいでしょう。

そのため、別れるときに苦しい思いをしたりトラブルになることもありますね。

定期の女性を作りたい男性なら、費用面を気にするようなことはないとは思いますが、関係を維持するための費用はかかりますね。

月に会う回数を決めていることが多いですので、忙しく会える日が減ると損ではあります。

パパ活で都度だけで付き合うデメリット

一度きりの出会いを楽しんだり、約束のない自由なお付き合いができる都度ですが、都度関係のみでパパ活をするのにもデメリットはあります。

  • 収入が安定しない
  • 常に緊張感がある
  • 相手が見つからないこともある
  • 大人の関係でのリスクが高い

都度パパのみだと、月にパパ活を入れられる回数によって収入が変わってきます。

うまく相手が見つかればいいのですが、見つからないと収入が激減します。

顔合わせを入れるにしても、どんな男性なのか危険はないかなど、常に緊張感がありますよね?

お付き合いが長い都度パパならいいのですが、単発だけを繰り返すと地雷にあたってしまう可能性も出てきます。

また、大人の関係でパパ活をする場合は、人数が多ければ多いほどリスクが高くなります。

性病、妊娠、動画流出など、女性にとっては大きなデメリットですね。

男性が都度だけにするデメリット

  • 好みの女性が見つからないことも
  • 好みの女性を他のパパに取られてしまう
  • 会いたい時に会える女性が見つからない可能性
  • 性病のリスク

好みの女性がいるのに定期にしなければ、やはり女性は条件のいい男性とお付き合いします。

突然会えなくなることもあるでしょう。

時間が空いたときにすぐ会える女性が見つからない、会えたとしても好みでなかったなど、パパ活が満足できない結果になることもありますね。

不特定の女性と大人の関係を持つと、男性も性病のリスクが高くなります。

パパ活の定期はどれくらい続く?

パパ活の定期契約ですが、大体長くても1年。平均的には半年ぐらいです。半年後に徐々にフェードアウトしていってたまに会う都度の関係に代わるなんてパターンが多いはず。

でも、折角の太パパだから卒業まで面倒を見てもらいたいとか、なんだったら社会人になっても会いたいということはよくあります。

男性もお気に入りの子が大学卒業後にいなくなるのは寂しいですよね?

パパ活で2年付き合う子は多い

学校にもサイクルがあるようにパパ活でも入学から卒業までに合わせた付き合いのパターンがあります。大体は大学1~2年の時に初めて付き合う期間が2年。就活時期にお別れするパターンが多いです。

その間はガールズバーやコンカフェなどでも同時に働いて学費と生活をまかないます。卒業を言い訳にすると別れやすいし、社会人なると時間の拘束がかなり気しくなり、で今までのようなパパ活ができなくなります。

パパ活で5年付き合うパターもある

反対に大学1年からパパ活を初めて卒業後も1年ぐらいは関係が続くと約5年間の定期パパがいるということになります。男性は新しいもの好きなので「新卒社会人」で自分が支援した子がどんな変化をしているのかが楽しみだとか?

ただ、20歳からスタートして25歳ともなると結婚が頭にちらつくので、それ原因でパパ活終了というケースが多いのではないでしょうか?

定期契約を長続きさせるコツは?

定期パパ活を長続きさせることはやはり回数を減らしても毎月会うってことです。女性は生理・男性は仕事の関係で会う日がずれ込むこともありますが、その場合は週末か月の初めだけでも良いので月に2回は会うのが理想です。

できなければ月に1回でも大丈夫です。後はマンネリ化しないように会うたびに女性は服装を変えるってことが重要です。

男はセックスすると飽きてしまいますし、同じ格好で同じ場所で同じように会うだけではだんだん関係が薄れていきます。

パパ活の定期は続かないこともある!都度も混ぜた方が無難

パパ活は、一人の相手に絞らずに自由に複数人とお付き合いすることが可能です。何だかんだ長期の付き合いになるのはレアケースです。

女性は定期と都度を組み合わせてお付き合いすることで、収入に安定がでますし、男性にとっては飽きずにローテーションできます。

男性は、本命を定期に、キープしておきたい女性は都度にすることでパパ活を数倍楽しむことができます。

女性は信頼できる男性を定期に、お付き合いしやすいパパを都度にして、都度から定期にしてもらえるようにお付き合いすることで定期が切れた時にも困ることはないと思います。

まとめ

パパ活のお付き合いの方法として、定期と都度がありましたね。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、お付き合いする相手によってどちらかを選び組み合わせることによってお得感はアップします。

定期で親密な関係を築いて、都度で息抜きなど自分の都合に合わせてパパ活を楽しんでいってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次